ディズニーから学ぶ

世界を変えるということ

塔の上のラプンツェル

プリンセスと魔法のキス


     その他 世界を変える方法を学ぶ ▶こちらへ

  続けること・出来る・チャンスに変えるということ

モンスターズユニバーシティ

トイストーリー


     その他 続ける事・出来る・チャンスに変えるなど ▶こちらへ

  想いを叶える 大切な人のために

ウォーリー

ファインティング ニモ


     その他 大切な人とうまくいく・思いが通じるなど ▶こちらへ

  生きるために・価値観を変えるということ

カールじいさんの空飛ぶ家  

カーズ    


     その他 生きるために・価値観を変える ▶こちらへ

最新の記事

2016年

1月

17日

ディズニーから学ぶ 「ウォーリー」 想いが叶う方法

☆☆☆☆☆

ウォーリーとイブ
WALL・E

ウォーリーの世界、

それは、廃墟となった地球の中 

たった一人存在しているということ 

 

ひたすらゴミ処理ロボットのウォーリーは鉄くずなどのゴミの処理をする

でもそこには膨大な時間の中、生きてきた中で見つけた生活があった

自分の家(機械の格納庫 倉庫)、

そこにはウォーリーの予備の部品(かなりの歳月で見つけたもの)、

テレビ、一人という世界の中で感性もあった。

続きを読む

2015年

2月

21日

ディズニーから学ぶ 「マレフィセント」 最大の敵が味方なのかもしれない

☆☆☆☆☆

この物語は誰もが知っている

物語の”実は”な世界

昔昔のお話で仲の悪い2つの国があった

1つは人間の国、もう一つは妖精たちの国

その妖精の国はムーア国で妖精たちの美しく

豊かな暮らしをしていた。

そんな暮らしを人間の国の人たちは羨んでいた。

ムーア国にはやがて妖精の守護神となる

華麗な少女がいて、翼があり自由に飛べて

妖精たちと仲良く暮らしていた。

彼女の名前はマレフィセント

でもそんな豊かな生活はある出来事をきっかけに

心まで変貌してしまう。

続きを読む

2015年

2月

07日

その他映画から学ぶ 「モンスターVSエイリアン」 自分を過小評価しない

☆☆☆

隕石が地球に衝突すべく向かっていた

しかもその隕石はすざましいエネルギーを

持っていた。

その衝突前、一人の若き女性 スーザンは

待ちに待った結婚式を迎えようとしていた。

夫となるデレクはテレビキャスター

彼とパリに行くのが楽しみだった。

でもその彼から実はパリには行けないと

言われる。

もっと素晴らしいところフレズノ

へ行くことにしたと。

それは仕事の地位を上げるためと言われる。

スーザンは「素晴らしい」と言ってあげた。

続きを読む

2014年

12月

30日

その他映画から学ぶ 「スティーブ・ジョブス」 世界は変えられる

☆☆☆☆

スティーブ・ジョブスの

大学生時代からの人生を描いた作品

1974年のリード大学時代から始まる

大学は退学したが、それは彼が

大学という制度に取り込まれる事が嫌だったから

でも唯一興味を持ったものがある。

それはカリグラフィーという書体

それは後の彼に大いに役立つ事となる。

そして友人とインドへの旅行

そこで精神的なものの考えを学ぶ

それは

続きを読む

2014年

12月

21日

ディズニーから学ぶ 「スパイアニマル・Gフォース」 何を信じるか

☆☆☆☆

FBIの特殊部隊

それは動物研究を行う博士のベンが作り出した

動物部隊。

でもその特殊部隊は不要とのFBIの判断で

閉鎖に追い込まれていた。

成果をあげるしか手は無い。

FBIも目をつけていた家電メーカーのCEOの

セーバー

彼が軍事目的でコーヒーメイカーにチップを

搭載させていることをベン達特殊部隊は情報をつかむ。

その彼のデータを彼の家の書斎から盗み明らかにすれば

特殊部隊の存続が可能となる。

続きを読む

2014年

12月

07日

ディズニーから学ぶ 「プレーンズ2」 ピンチがチャンスとなる

☆☆☆☆

農薬散布機だったダスティ-が

憧れのレースの世界にて大活躍をした

そんな華々しいダスティであったが

飛行中に失速してしまう。

それは減速ギアボックスの故障で

レーサーには致命的な故障だった。

修理担当のフォークリフトのドッティから

これは修理もできないし

交換する部品ももう製造中止になっていることを

聞かされる。

スピードメーターがレッドゾーンになったら

減速しないといけない。

続きを読む

2014年

11月

30日

その他映画から学ぶ 「チェブラーシカ」 寂しい想いが無くなる方法

☆☆☆

ある国のある町

友達のいない、ひとりぼっちがたくさん

なぜかみんな寂しそう

そんな中オレンジの箱に入った不思議な動物

それがチェブラーシカ

バッタリ倒れるという意味からその名前がついた。


そしてワニのゲーテもひとりぼっちで

ゲーナは手紙を書く

「友達を捜してる」

そしてその手紙を町中に貼った。


その手紙をきっかけに

チェブラーシカとゲーテは友達になった。

続きを読む

2014年

11月

24日

本から学ぶ ナマケモノに意義がある 池田清彦 (著)

☆☆☆☆

ナマケモノに意義がある。

現在社会において

あたりまえのように思っている

その”モノサシ”について

それが染み付いてしまっているけれど

ふと、考えてみると

おかしいのではないか?

そう考えさせられる本です。

その間違ってるのかもというのと

対処方法も書かれています。

そのいくつかを紹介したいと思います。

続きを読む

2014年

11月

09日

その他映画から学ぶ 「ガフールの伝説」 夢が強くさせる

☆☆☆☆

フクロウに文明がありそして物語があった。

それは代々親から子へ受け継がれていた。

ソーレンという少年のフクロウも

父からの勇者ガフールの物語を聞かされ

その話が大好きだった。

でも兄のクラッドはそんな物語を信じる弟を

バカにした。


ソーレンは父に

「勇者に会った?」など質問をする。

父は

「目に見えるものだけが真実ではない

砂のうで感じるのだ。

鳥の胃袋だよ。

何が正しいか教えてくれる。」

続きを読む

2014年

10月

26日

ディズニーから学ぶ 「ポカホンタス」 正しい道が歩きやすいとは限らない

☆☆☆☆

1607年イギリス 大海原に繰り出し新大陸をを求める。

新大陸には黄金があり大金持ちになれるという

ヴァージニア会社の言葉を信じて男達は希望を夢見た。

その男達の中でも際立って勇敢で頼りになると

誰もが認めたのがジョン・スミスだった。

彼も金を掘って家を建てるという夢があった。

航海は嵐に巻き込まれたりととても困難だった。


一方、インディアンの集落では、

自然と調和した生活を営んでいた。

自然を大切にし、精霊に感謝する生活

その中で首長の娘であるポカホンタスは風のようにきままであり

そして、何かに希望を抱いていた。

そんな彼女に父から婚約の話が持ち上がる

続きを読む

PR