本から学ぶ 「ユダヤ人から学ぶ 金持ち人間の習慣術」 ウィンクラブ (編著)

☆☆☆☆

ユダヤ人から学ぶ 金持ち人間の習慣術
ユダヤ人から学ぶ 金持ち人間の習慣術

出来ると信じること!

それも

夢は大きければ大きいほどいい!

 

そのようなことがこの本

「ユダヤ人から学ぶ 金持ち人間の習慣術」

 ウィンクラブ (編著)

には書かれています。

 

第一章 I CANの精神を持て

”自信を持つことが自分を大きく成長させる”

 

ただし、はなから自分は出来るし

運もあるだろうし、

何もしなくても出来る。ということではない。

 

まさにトイストーリーの

バズ・ライトイヤーが

「I CAN」

と信じて言葉で言って実行したように!

 

信じて実行しないといけない。

 

詳しくは

ディズニーから学ぶ 「トイストーリー」 シンプルに考えれば出来る

 

この本では

問題なのは、夢を実現させるためにはそういった

目標(ドデカイ夢)が表面上不可能に見えるだけに

そこを打ち破って

「それは可能だ!」

「私は出来る!」

とポジティブに考えられるかどうかということ。

 

それを実現可能だと思えないもの、

”I CAN”と考えられないものに

人は踏み出していけないからです。

したがってI CANと考えられるかどうか。

 

ユダヤ人はこの”I CAN”の思考法に優れた民族だと言っています。

 

われわれ日本人のように

「それは無理だ!非常識すぎる!」などと決めつけず

 

「難しいかもしれないが努力次第、

工夫次第でできるに違いない!」

「探せば何かいい方法がきっと見つかるはずだ!」

 

とフレキシブルに前向きに考える。

 

そうです。

少しずつでもやっていけば出来ると信じること!

それが大事なのではないでしょうか?

 

ポイントで書かれているのを紹介します。

 

”為せば成る”のことわざ通り

物事はできないと考えるからできないのであって、

できると考えれば必ずできるのだ。

 

”I CAN”

を信じよう

 

 

よろしければ”応援ポチ”お願いします!