本から学ぶ 「スティーブ・ジョブズ 危機を突破する力」 竹内一正 著

☆☆☆☆

スティーブ・ジョブズ 危機を突破する力
スティーブ・ジョブズ 危機を突破する力

人生においての何かやりたいことを

目指して、でもそのやりたいことって

なんだろうと考えて

分からなくて、何もやらない。

そういう人も多いのではないでしょうか。

 

でも今を好奇心もってやってると

点が繋がってくる。

そう教えてくれる本があります。

「スティーブ・ジョブズ 危機を突破する力」 

竹内一正 著

人生の「点をつなぐ」

という章題の文書を紹介します。

 

ジョブスは、2002年にスタンフォード大学で

行ったスピーチで

「点をつなぐ」

という話をしている。

 

ジョブスは大学に進んだが

生活が苦しく、

高い授業料を払ってに見合うだけの

価値を見いだせず

退学するわけなのですが

在学中、ジョブスは学校には内緒で

ある授業を受けていた

 

それがカリグラフィー

 

カリグラフィーとは

「美しい書き物」というギリシャ語に由来し

アルファベットをさまざまに装飾して表現する技術

 

ジョブスはのめり込んだ

 

だがジョブスはその授業が自分のこれからの人生に

なんの役には立たないだろうと感じていた。

 

しかしそうではなかった

MACの開発に役に立った

 

MAC以前のコンピュータは複数の書体を持っていなかった。

だが、MACは何種類もの書体を持ち、美しい印刷技術に秀でた

最初のコンピュータとなった。

 

でもその時の大学生のジョブスはそうなる未来を

予想だにしていなかった。

 

ジョブスはこう語っている

 

「大学にいたときに未来を見越して点をつなぐことは不可能だった。

しかし、10年たってから振り返るととてもクリアだった」

 

今やってることが招待どんな役に立つかはわからなくても

将来役に立つと信じて一生懸命に

とことんやることが重要だということだ。

 

まさに点が線となりつながっていくのだ。

 

今やってることが大事で

好奇心もってやればいいのではないか

と思いました。

 

 

 

 

よろしければ”応援ポチ”お願いします!