本から学ぶ 「カエルにキスをしろ!」 どう解釈するか そして受け入れる

☆☆☆☆☆

カエルにキスをしろ!

ブライアン・トレイシー&クリスティーナ・トレイシー・スターン(著)

門田美鈴(訳)

 

どうすればポジティブな気分になれるか?

ネガティブな考えからポジティブな考えにする事

それは見方や解釈を変える事が大事だと書かれている。

まず最初にこう書かれている

もしも自分自身の幸福または不幸

成功または失敗

勝利または敗北の理由を知りたいなら

手元の鏡をのぞいてみるといい。

鏡に映った「人間」について

どう考えるかで、

あなたの生活の質がおおむね決まる。

だから、自分自身に対する見方さえ変えれば

あなたの生活も変わるだろう。と。

 

その為に

◎まず人は変わらない

これは「さあ、才能に目覚めよう

 マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・

クリフトン(著)」

にも書かれているが

人の基本的な性格や考え方は、17、18歳

ごろにできあがり

その後の人生でもほとんど変わらない。

その為、ほかの人を変えようとすると

常に大きな挫折をする。

 

次が大事だ

「重要なのは、自分ではない誰かが別のもの、

すなわち自分に取って都合のいい人に変わること

ばかりもとめて、自分自身の幸福や心の平安を

犠牲にしてはならないという事だ。

十中八九、そんな事は起こらない。」

 

◎それぞれに生き、生かそう

相手のありのままの状態や行動を認めよう。

なぜなら自分が犠牲になってしまう。

「他人を批判する時、人は感情的になる。

感情は評価をゆがめる。」

 

そして次が重要だ。

「人は相手の行動を思い通りにしたくて

批判をする事が多い。

繰り返しになるが

他人の人生に悪影響を与えないかぎり、

すべての人がそれぞれの生き方をする

資格があるのだ。

だから、それぞれに生き、生かそう。

 

◎そしてどう解釈するか

自分がどう解釈するかがとても重要と書かれている。

「何ものも、あなたの感情を左右する事はできない」

 

「過去のどんな出来事、どんな環境、どんな人間も、

あなたの許可なしにあなたの感情に

影響を与える事は出来ない。

あなたの感情を左右できるのは、あなたしかいない、

過去の出来事を、あなたがどう解釈するかにかかっている」

 

 

この本をまず表紙をめくると次の言葉が書かれている

 

「過ぎ去ったことはブロローグだ。

過去にあなたに起こったことはすべて、

これからのあなたの前にある

素晴らしい人生のための準備なのだ」

よろしければ”応援ポチ”お願いします!