ディズニーから学ぶ 「ファインティングニモ」 相手を想う方法

☆☆☆☆☆

ファインティングニモ
ファインティングニモ

そこはドロップオフというサンゴ礁に囲まれた

とても綺麗な海の中の世界。

そのなかでクマノミのマートンと妻コーラルとの卵の世話から話が始まる。

 

しかし、大きな魚に卵を襲われ、たった一匹だけ残っていた。それが”ニモ”だった。

パパ マートンの子育ての奮闘が始まった。

マートンはいつもニモに、一番忘れてはいけないこと、それは、 ”海は怖いところ”と話す。

 

ニモは片方のむなびれが小さいので、余計に心配で、特にたった一人の大事な子供なので

過保護になっていた。ニモ自信そんな父の思いが嫌になっていた。

 

ある日ニモが初めて遠くの学校に行こうとするのに、マートンは「お前はちゃんと泳げないだろ!」と引き止める。

ニモは、「パパなんか嫌いだ」と一人で初めて学校へ行く。

 

そして、学校にてひとりで船に近づいていき、人間に捕まえられてしまう。

マートンも心配になって学校に後から行き、その現場を目撃した。

 

誰よりも過保護に育てたのに、逆に離れ離れになってしまった。

 

ニモは人の家の水槽で飼われることになった。

 

 

一方マートンは友達となったドリーとともにニモを探す旅をする。


ニモは「パパは探してくれてなんかいない」と言った。

多分どうしよーもない子供と思われているんだと思っていた。

 

旅の途中に、マートンは出会った亀に、子供を助けるために旅していることを正直に話する。それが海の生き物達、それぞれ、話の伝達によってニモの元に届く。

 

 マートンは旅のその出会いや障害によって心を葛藤させていた。
あるとき、ドリーは出来るつもりでやっていたが、出来ないと決め付けているマートンはこう言い放った
 

「自分では出来るつもりでもできないんだよ ニモ」

 

ついつい、ニモと重ね合わせていたのだ。

でも、このことがきっかけで、マートンもニモの本心が分かりだしたのかもしれない。 

 

最後にまた危機がニモに訪れるが、今度はマートンはニモを信じた。

 

そう思うことがそうとは限らない。

本当に想うという事は相手を信じること。

 

考えても見れば、卵の時にほとんどの卵がダメになってしまったに

ニモは残ったのだから。

 

 

 

よろしければ”応援ポチ”お願いします! ↓