ディズニーから学ぶ 「モンスターズユニバーシティー」 「思い続けること」の大切さ

☆☆☆☆☆

モンスターズユニバーシティ
少年マイク

ディズニーの「モンスターズインク」の続編「モンスターズユニバーシティー」

 

映画タイトルにもなっているモンスターズインクとは、人間の子供達の悲鳴を集め、それをエネルギー源としてモンスターシティーに供給する企業。

 

モンスター界最強の怖がらせ屋サリーと、その相棒であるマイクとの最強コンビのお話。

 

今回のユニバーシティーは、そのサリーとマイクの過去である大学時代が描かれている。

 

第1作の「モンスターズインク」にてサリーは、練習などの努力を毎日怠らないという努力家で描かれているが、その原点は、まさに今回のモンスターズユニバーシティーで描かれている。そこにはマイクが大きく関わっていた。

 

なぜなら実は、努力家はマイクの方であった。

 

夢を追い続け、憧れの大学に入ったマイク、そんなマイクにとっての大学生活は常に努力だった。 

そんな努力家マイクに対して、同室となったサリーは常に彼を馬鹿にしていた。

サリーは”ただ怖がらせられれば、それだけでいい”と過信していた。

なぜならサリーはエリートだったから。

 

でもそれでは駄目なことをマイクによって教えられるのだ。

 

今回のモンスターズユニバーシティのテーマが、

 

「自分が何者であるか探求する」

 

目標に向かって思い続けていくことが、いかに大事なことであるかを教えてくれている。

それは、最初のシーンにて、少年のマイクが扉の前に立っている。頭には憧れの人からの帽子。 

 

映画のパンフレットには、そのシーンの写真とともに、こう書かれている。

 

誰だって、子供の頃の夢がる。

 

難しいのは、その夢を持ち続けること・・・。

 

 

 

 

よろしければ”応援ポチ”お願いします!