ディズニーから学ぶ 違う見方

2013年

11月

23日

ディズニーから学ぶ 「少年マイロの火星冒険記」 この色のある世界

☆☆☆☆

少年マイロの火星冒険記
少年マイロの火星冒険記

NASA火星探査機が火星表面で

石化した有機物発見のニュース

 

実際の火星にはその表面の内側には、進化した建築物がありそして火星人が居た。

彼らは人間よりも頭が少し大きく、目も大きい

その火星人のトップで総統(スーパーバイザ)の長老のミンディは、地球の家庭が映し出される画面を見て

これじゃなく次、そして、次の家庭、また次の家庭と指示を出し

ある家庭の母と子に焦点を合わせ指示を出す。

その親子が少年マイロとその母親

続きを読む

2013年

11月

04日

ディズニーから学ぶ 「オズ はじまりの戦い」 必要とするものに気づく方法

☆☆☆☆

オズ はじまりの戦い
オズ はじまりの戦い

カンザス州のサーカス団で働くペテン魔術師のオスカー。

だが観客も少なく、見せるショーも観客から野次が飛ぶなどして決して満足するものでもなかった。

そのショーにて、魔術を信じた歩けない少女がオスカーに「私を歩かせてほしい」と頼む。

オスカーは今はできないと言うしかなかった。

観客から罵倒され、なんとか小屋に引き上げる。

そこへオスカーと以前から付き合いのあった

エニーが訪ねてきた。

 
続きを読む

2013年

11月

03日

ディズニーから学ぶ 「ルイスと未来泥棒」 前へ進み続ける方法

☆☆☆☆

ルイスと未来泥棒
ルイスと未来泥棒

母親が赤ん坊を孤児院のドアの前で置き去りにする。

ドアをノックした音が聞こえ、孤児院の人に発見される。

その赤ん坊はやがて少年となる。少年はルイスという名前。

 

ルイスは発明することが大好きで、いろんな物を組み合わせて

発明をした。

でもほとんど失敗作ばかり。

そして、養子にしようとしてくれる面談ではその発明の装置を持って特殊な子供に見えてしまい、それも失敗にいつも終わってしまう。

続きを読む

2013年

10月

27日

ディズニーから学ぶ 「プリンセスと魔法のキス」 望むことと必要なもの

☆☆☆☆☆

プリンセスと魔法のキス
プリンセスと魔法のキス

この物語は、グリム童話「かえるの王子様」を基にしている。

 

主人公の女の子のティアナとシャーロット。

2人は仲のいい友達。

シャーロットの豪華な家でティアナの母が

2人にこの「カエルの王子様」の絵本を読んであげる。

シャーロットはとてもこの物語が好きだった。

ティアナは絶対に私はカエルとキスしないと言った。

続きを読む

2013年

10月

20日

ディズニーから学ぶ 「バグズライフ」 本当の強さ

☆☆☆☆☆

バグズライフ
バグズライフ

そこは昆虫、アリの世界が舞台。

そのアリの中で、発明好きの主人公のフリック。

でもその発明は誰も認めてもらえない。

穀物を積むのを大量に積む装置を開発したが、一粒ずつ積むのが昔からのやり方と言われる。

 

そのフリックに興味をもって接する女の子、彼女はドット姫。

フリックに、「発明って楽しい」と言った。

フリックはそんな事言われたの初めてだと言う。

続きを読む

PR