ディズニーから学ぶ  思いが通じる方法

2015年

2月

21日

ディズニーから学ぶ 「マレフィセント」 最大の敵が味方なのかもしれない

☆☆☆☆☆

この物語は誰もが知っている

物語の”実は”な世界

昔昔のお話で仲の悪い2つの国があった

1つは人間の国、もう一つは妖精たちの国

その妖精の国はムーア国で妖精たちの美しく

豊かな暮らしをしていた。

そんな暮らしを人間の国の人たちは羨んでいた。

ムーア国にはやがて妖精の守護神となる

華麗な少女がいて、翼があり自由に飛べて

妖精たちと仲良く暮らしていた。

彼女の名前はマレフィセント

でもそんな豊かな生活はある出来事をきっかけに

心まで変貌してしまう。

続きを読む

2014年

10月

26日

ディズニーから学ぶ 「ポカホンタス」 正しい道が歩きやすいとは限らない

☆☆☆☆

1607年イギリス 大海原に繰り出し新大陸をを求める。

新大陸には黄金があり大金持ちになれるという

ヴァージニア会社の言葉を信じて男達は希望を夢見た。

その男達の中でも際立って勇敢で頼りになると

誰もが認めたのがジョン・スミスだった。

彼も金を掘って家を建てるという夢があった。

航海は嵐に巻き込まれたりととても困難だった。


一方、インディアンの集落では、

自然と調和した生活を営んでいた。

自然を大切にし、精霊に感謝する生活

その中で首長の娘であるポカホンタスは風のようにきままであり

そして、何かに希望を抱いていた。

そんな彼女に父から婚約の話が持ち上がる

続きを読む

2014年

9月

27日

ディズニーから学ぶ 「フランケンウィニー」 使い方しだいで伝わる

☆☆☆

不気味な不思議な町ニューオランダ

その町に住む少年ビクターは友達がいなくて

唯一の友達が愛犬のスパーキーだった。

ビクターは変わり者に思われていて

父も、このまま大きくなったら…

とビクターの事を心配し妻に話す。

妻は、「自分の世界を持ってるだけよ」

と話す。


ニューオランダ小学校で子供達が

この町について話す。

「この町にはよく雷が落ちる」

「それはお墓のせいだ。

この町はお墓の上にあるらしい」

続きを読む

2014年

7月

20日

ディズニーから学ぶ 「わんわん物語」 想う気持ちが伝わる

☆☆☆☆

冒頭にてこうメッセージされています

”世界の歴史を見てもお金だけでは

どうにもならない事が一つあります。

それは犬を喜ばせ、しっぽをふらせる事です”

 

小さな町のクリスマスの日

夫のジムはダーリングの為にプレゼントを渡す。

それは子犬だった。

女の子の犬で名前がレディ

レディはとてもかわいがられ

レディもジム達が大好きで

いつもしっぽをふり、いつも一緒にいたかった。

続きを読む

2014年

4月

13日

ディズニーから学ぶ 「ティンカー・ベルと月の石」 大切な人とうまくいく方法

☆☆☆☆☆

ティンカー・ベルと月の石
ティンカー・ベルと月の石

季節が変わる時、世界には不思議なことが

たくさん起こります。

それはすべて、妖精の魔法です。

 

そうティンカー・ベル達妖精にて

季節を作る。

ティンカー・ベルは道具の妖精

とても効率のいい技術を使って

道具を作るのがティンカー・ベルは

得意だった。

 

そんなある日、女王、そして

道具の妖精達をまとめている

フェアリーメアリーに呼びさされる。

ティンカー・ベルにとても重要な役を

任せるためだった。

続きを読む

2014年

4月

06日

ディズニーから学ぶ 「トイ・ストーリー3」 思いが通じる方法

☆☆☆☆☆

トイ・ストーリー3
トイ・ストーリー3

家庭用ビデオを取ってるシーンから始まる。

それは子供のアンディ

アンディの背の高さを柱に記したり、

仲良くおもちゃ達と遊んでる。

その楽しそうな彼を母が撮っている。

 

そのおもちゃ達みんながなぜか大きなおもちゃ箱に

入っている。

ウッディの計画通り、携帯電話を鳴らす

するとアンディがその携帯電話の音に気づき

やってくる。

 

そして箱を開けるアンディ

そのアンディの姿は子供ではなかった。

もう17歳になっていた。

続きを読む